高崎市の小学生|国語に不安を感じているお母さん「ことばの学校」をおすすめします。

query_builder 2020/12/23
ことばの学校プラス
高崎国語の塾ことばの学校

国語はすべての教科の土台(基礎)となります

高崎市の小学校に通うお子さんのいらっしゃるお母さんで、


こんな悩みはありませんか?


  • 算数の計算はできるけど文章題が苦手
  • 文章を読むのが遅い
  • 単語だけの会話がおおい
  • 自分の意見をうまく言葉で表現できない
  • 集中力が続かない
  • 読書する習慣がなくゲームばかりしている


こんなお子さんには、高崎市の学習塾グリーンエイジで開校している


「ことばの学校プラス」をお勧めします。


ことばの学校プラスは小学生向けの国語特化コースです。


週1回から通うことができる国語に特化したした塾となります。



ここでは、この「ことばの学校プラス」について


ご案内させていただきます。


まず、「ことばの学校プラス」は大きく分けて、


2つの柱から成り立っています。


一本目の柱が、コース名にもなっている「ことばの学校」です。


そして、


二本目の柱が国語のカリスマテキスト「論理エンジン」を使用した論理国語です。


この二つの柱を週1回の一コマの授業で同時に学習することができるのです。


ゆえに、当塾では「ことばの学校プラス」と呼んでいます。


それでは、ここからはその柱について


一つずつご説明して参ります。

ことばの学校  (1)

一本目の柱「ことばの学校」とは?

お子さんは読書をしていますか?

スマホばかりいじっていてお困っていませんか?

学校の宿題である音読をしっかりとやっていますか?



ことばの学校では国語力の基礎となる


「語彙力」を読書を通して育ててゆきます。


もちろん、教室にきて読書するだけではありません。


ことばの学校には、読書を楽しく感じられる工夫がしてあります。



高崎の学習塾グリーンエイジ「ことばの学校」には


小学生におすすめしたい良書といわれる本が


約300冊用意されています。


その本の中から、指定された本を読み進めてゆくことになりますが、


ここにも仕掛けがあります。




仕掛け(その1)

プロのナレーターによる朗読音声サポートシステムです。


ことばの学校では、この朗読音声にあわせて


黙読してゆくことになります。


まず、読書が好きになれない要因に


「わからない漢字があるから」という


理由があるとおもいます。


お子さんはわからない漢字が出てきた時点で


集中力も途切れてしまい


読み進めることに苦痛をおぼえ


本に対する抵抗感が生まれてしまうのです。


そこで、ことばの学校で採用している


この朗読音声サポートシステムが力を発揮します。


知らない漢字があってもサポート音声が


引っ張ってくれるので


心折れることなく


どんどん読み進めることができるです。


その結果、お子さんは本の世界に没頭しできます。


現在通われている生徒さんも


読書中の私語は一切ありません。


本の世界に没頭していいる姿に


驚かれると思います。




仕掛けその2


ことばの学校の「朗読音声サポートシステム」には


もう一つ特徴があります。


ナレータの朗読音声スピードを細かく調整できる点にあります。


こちらもサポート音声に引っ張られることで、


朗読速度がどんどんアップしてゆきます。


いわゆる「速読」効果が期待できるのです。


読む速度があがることで


同じ時間で読める本の量も増加します。


良書をたくさん読める=語彙力向上につながる


とプラスの効果が期待できます。



仕掛けその3


男女関係なく多岐にわたるジャンルの本と触れ合います。




ことばの学校で読む本は

やさしい内容の絵本から


中学生レベルの本や、古文までそろっています。



レベルはお子さんにあわせて決定しますので


無理なく学習するこができます。



このように指定されたレベルの本を


読んでいくことなりますが、


指定される本は


通常男の子が手に取らないようタイトルの本や


女の子があまり興味のないジャンルの本となることもあります。


こうすることで、さまざまなジャンルの本と


触れ合う機会が生まれ


新しい感覚や知識を身につけてゆくことができるのです。


ことばの学校  (29)

2本目の柱「論理エンジン」とは

つづいて、2本の柱です。


こちらは、一言でいえば国語のテキストということなります。


当塾で採用しているのは、


正式には「論理エンジンキッズ」という


小学生向けの国語テキストです。


「国語のテキストなんて本屋さんにいってもたくさんあるよ」


と思われる方もいらっしゃるかと・・・


でも、この論理エンジンキッズは


単なる国語のテキストではありません。


まず、この論理エンジンキッズには


母体となる論理エンジンというテキストがあります。


論理エンジンは、全国の学習塾や中学校、高校などで


正式採用されているテキストです。


群馬県では共愛学園が採用しているようです。


この論理エンジンの小学生バージョンが


論理エンジンキッズということになります。


論理力とは?


論理とは、ものごとの筋道を表します。


国語における論理である筋道を追うためには


うわべだけの文面を追っても足りません。


日本語にある「日本語の規則」を理解しなければならないのです。


つまり、日本語を規則を理解するで


論理的関係を理解することができるようになるのです。


ただし、私たち日本人は


日本語を母国語として


日々使用しています。


普通に日本語を話すことが出来ますし


文字を読むことが出来ます。


ゆえに、国語に対する重要性(勉強する必要性)を


あまり感じていないのが


現実なのではないでしょうか?


高崎市ことばの学校


論理エンジンキッズとはどんなテキスト?


まず、「論理力」は国語を含めたすべての教科で必要となる能力です。


以下を確認ください。


  • 国語 長文問題を論理的に読解する。記述問題や作文問題を正確な日本語をつかって論理的に書く
  • 算数 文章問題でリード文を客観的に読み解き、適切な公式を当てはめたり計算することできる
  • 理解・社会 地図や資料問題を読み解いたり、歴史のつながりをきちんと把握する


このように「国語はすべての教科の土台」といえるのです。


つまり、日本語で書かれたすべての文章において


「論理的」に読み込むことができないと


正しく読み取ることができず


答えるときにも論理的に正しい日本語を使用して


解答(文書)を書かなければ


自分の意志をきちんと伝えることができまないのです。



【おすすめ記事】高崎市で国語を学びたいなら|小学生からはじめる「ことばの学校プラス」


【おすすめ記事】(最新版)そろばん高崎|人気のそろばん教室ピコはどんな教室


学習塾グリーンエイジ教室内

まとめ

ここまで、高崎市のことばの学校プラスで


学習する内容や目的を説明させていただきました。



大きくまとめると


ことばの学校で良い本沢山読んで語彙力を育成し


論理エンジンで論理的国語力を育成します。



この2つの柱を一コマの授業で学習するのが


高崎市の学習塾グリーンエイジ「ことばの学校プラス」


ということになります。


一般的に国語力の育成には時間がかかるといわれています。


小学校低学年からコツコツと取り組むことが重要です。


中学校生なってから慌てて国語力を


アップさせるのは時間もなかなか大変だとおもいます。




個人的な意見ではありますが


小学生であればまずは英語より国語を先に


学習することをおすすめいたします。


なぜなら、英語も主語と動詞の関係などを


理解する必要性があります。


国語を論理的に学習することで


英語学習にも効果を発揮するのです。



いかかがでしたでしょうか。


ここでのご案内はあくまで概要となりますので


まだまだお伝えしたいことはあります。



追ってこちらのブログでご案内して参ります。



ご不明点、無料体験のお申込みなどは、


学習塾グリーンエイジまで


お気軽にお問い合わせください。



幼児・小学生の習い事をさがしているお母さんへ
高崎市のそろばん教室ピコをお勧めします!
 
群馬県高崎市中居町2丁目3-15 桜ハイツ1
電話:027-393-6708
そろばん塾ピコ高崎中居校
ことばの学校プラス
(運営・学習塾グリーンエイジ)



NEW

  • 【3月4日速報】志願先変更後の後期選抜・定時制課程選抜志願状況

    query_builder 2021/03/04
  • 速報|高崎市のそろばん教室ピコ高崎中居校|検定結果でました。

    query_builder 2021/03/03
  • 高崎市のそろばん教室ピコ|そろばんは何歳から?そろばんの効果は?

    query_builder 2021/03/03
  • 2021年春新規開校|新!暗算学習法そろタッチの開校する曜日が決定しました!

    query_builder 2021/03/03
  • 【高崎の個別指導塾】ご卒業おめでとうございます

    query_builder 2021/03/02

CATEGORY

ARCHIVE